梅さんのレビューブログ

安物買いの銭失いからの脱皮を目指し、賢い主婦の修行中。使ったモノの良かった点、イマイチな点をレビューで記録しています。

石鹸と泡についてちょっと調べてみました 泡は洗浄力を見極める目安?!

   

洗顔は石鹸派。フォームを使うのはトライアルに入っていたりサンプルをもらったりしたときだけでほとんど使いません。
で、石鹸って泡だてなくても(泡がたたなくても)いいのか、気になったので少し調べてみました。

RES01792
もこもこに泡立てなくてもいいというアンティアンのラベンダーハニー
推進される石鹸をぬらしてできるヌルヌルであらうのと、泡だてて洗うのと比べると、ヌルヌルのほうが落ちも、洗い上がりのしっとり感も上のかんじ。
でもこれって他の石鹸には当てはまらないのか?このアンティアンの石鹸だけなのか?と思ったのが調べたきっかけです。

結論からいうと、石鹸で汚れを落とす場合、汚れを落とすだけの十分な洗浄成分の量が必要で、泡はその洗浄成分が足りているかどうかの目安になるようです。


スポンサーリンク




 

泡立ちは液体と気体の間の界面で起きる現象なので、洗浄と泡立ちは直接には関係がありません。しかし、一般に臨界ミセル濃度以上で最も良く泡立つということから、良く泡立つ濃度では十分な洗浄力があることが分かるため、泡立ちの程度は洗浄力の目安になります。
石鹸百科 泡と洗浄より引用

 

この泡立つ濃度っていうのが一つのポイントだと思うんですよね。
無添加コスメのフルフリさんの店長ブログにも石鹸の濃度の話しがありました。

石鹸の洗浄力には製法により洗浄力が低い物から高い物まで様々です。
また、石鹸の使用量が少ない方が多い様に感じます。
使用する石鹸の使用量が少な過ぎると、時間をかけて力を入れて洗ったり、何度も洗わなければならなかったりしますので、洗浄に適した石鹸の多めの泡でさっさと洗えるのが理想です。

フルフリフルフラ お手紙ブログ より引用

 

 

石鹸を水またはお湯に濡らして泡立てますよね。
その時に水の量が多いと洗浄成分が薄い状態で十分に泡がたたず汚れも落ちない。なので、泡がきちんと立てば汚れを落とすのに適した濃度になっているって判断すればいいようです。
でも洗顔ネットを使うと少しの石鹸でもよく泡立ってしまうので、手で泡だててみたときの泡立ち方が目安になるのかなぁと思います。

RES01595 
洗顔ネットを使うと大抵の石鹸はよく泡立つ。でもそれって臨界ミセル濃度以上になってる?

これを読めば全て解決!というコンテンツは見つけられなかったんですが、色々見たのを私なりにまとめてみると、説明書きに「よく泡立てて」と書いてあれば泡立て方がいいし、「泡立てなくていい」と書いてあれば泡立ってなくても汚れは落とせると思っていいようです。

この「よく泡立てて」という説明は、番洗浄力がいい状態、というのを表しているみたいなんすよ。最初に引用した石鹸百科のコンテンツの中にある”一般に臨界ミセル濃度以上で最も良く泡立つ”とあるように、【泡がたつ=十分な洗浄力】ということですね。
でも、この一般的にというのがポイントで、全てがそうではないみたいなんです。

ざっと調べただけなんで、間違ってるかもしれないんですけど、海外の石鹸が泡立ちにくかったり、逆にえらい泡立ったりするのは、水質の差が関係している場合があるようです。軟水だったり硬水だったり、ミネラルが多かったり、少なかったり、と水の性質はバラエティーに富んでいます。
その国の水質でよく泡立つように調整されていていれば、水が変わると泡立たないということも。でもこの場合、泡立たないから臨界ミセル濃度以下とも限らないみたいなんですよね。
また、使っているオイルなどの成分の差によって泡の出かたは変わってくるようです。

なので、泡立てない状態で使っていいって書いてある石鹸は、「一般的に」から外れたイレギュラーなタイプで泡がたたなくても臨界ミセル濃度以上になるので十分な洗浄力がある、とメーカーでわかっているということなんだと思います。

逆にいうと、「これが平気だからこっちだっていいだろう」と、十分な泡が立つ状態で使うのが望ましい石鹸を泡がたたない(臨界ミセル濃度以下)のまま使うのはNG。
なかなか奥が深いですね、石鹸。

RES01591 
これは、泡立ちにくいので洗顔ネットを使うといいとパンフレットに説明書きがあったネオナチュラルの池田さんの石鹸

 

泡と洗浄力は直接関係はないとはいうものの、泡には泡の効果もあります。
洗顔に指との間のクッションになって、肌への刺激を減らしてくれますしね。あと泡が汚れを包み込んで再付着させにくくする働きもあるそうです。
それに、すすぎやすくなるっていうもメリットですよね。

 

【まとめ】

  • 泡が立ちにくい石鹸=汚れが落ちない石鹸、ではない
  • 泡立ちがいい石鹸=よく落ちる石鹸、でもない
  • 石鹸で汚れを落とすには臨界ミセル濃度以上の濃さが必要
  • 一般的に泡が十分に立った状態が臨界ミセル濃度以上の濃さである(例外あり)

 

石鹸を買ったんだけど、なんかイマイチ・・・って時は、石鹸の量や泡立て方などを見直してみるといいかもしれませんね。
石鹸洗顔のポイントは臨界ミセル濃度以上で使っているかどうか、ですよ~。


スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 - コスメ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
ははぎく「水おしろい」 思ったよりもしっかりつきました

軽い、肌に優しいと評判のははぎくの「水おしろい」ずっと気になっていたこの水おしろ …

no image
アクアレイナは40代の不安定肌にも優しい

アクアレイナのジェルとソープの現品を使い始めて約1カ月が経ちました。 トライアル …

no image
オンリーミネラルのブラシつきセット 小さいブラシはチーク用にも使えそう

オンリーミネラルのブラシつきセットの実物を見てきました。 私は、か~なり前に、大 …

no image
ハリ充満ケアセットのマッサージビュートが使いやすくて、マッサージ回数アップ

イベントに参加していただいた「エリクシール シュペリエル リフトナイトクリーム …

no image
ミスアナン ピュアクレンジング  これ1本で3役のすぐれもの

クレンジング・洗顔・マッサージの3役をこなす「ミスアナン ピュアクレンジング」を …

no image
ディオーサのヘアエッセンスで染めた後もツヤツヤ

モラタメさんから先行モニターさせていただてパオン「ディオーサ」スィートブラウンで …

no image
乾燥肌のための保湿ケア キールズ クリーム UFCインテンス

乾燥肌のために開発された保湿クリーム「キールズ クリーム UFCインテンス」をモ …

no image
国産×オーガニックのリージュ化粧品トライアルは潤い重視

2011年1月にできたばかりのリージュ化粧品のトライアルを使ってみました。 &g …

no image
加齢臭に効くせっけん「ナチュラブ」をモニター中

今回、ブロコミさんから頂いたモニター品は・・・・・「ナチュラブ」かわいい名前です …

no image
おうちエステで、ざらつきのないスベスベ肌に

モニプラでミュゼ・キレイ館の「おうちエステ」に当選しました♪ >>洗顔から保湿ま …